読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心が豊かで、笑顔あふれる社会をつくる♡

心が満たされていない他人軸の状態から、「自分の取り扱い説明書(自分軸)」を作り、前向きに一歩踏み出した経験や気づき

印象に残る人

こんばんは(*^^*)

青山ゆきなです✨
 
 
「先日は研修の講師をありがとう
ございました。
 
 
青山さんが丁寧かつ分かりやすく
教えて下さり、
 
有意義な時間となりました。
 
 
またお会いできたら嬉しいです!」
 
 
 
会社でメールチェックをしていると
 
突然届いた一通のメール。
 
 
メールの送り主は
私が研修の講師をした時、
 
 
研修を受講してくれた後輩(女性)
からでした。
 
f:id:yukkykitaj:20160606212006j:image
 
 
研修を受ける姿勢が違う
 
 
彼女は受講生の中でも特に
 
魅力を感じる女性でした。
 
 
いつもニコニコしている
 
 
アイコンタクトをこまめに
取ってくれる
 
 
分からないことは積極的に
質問してくれる
 
 
ずっと下を向いていたり
 
 
理解しているのか、していないのか
 
反応がない人もいる中、
 
 
主体性を持って楽しそうに
参加してくれている姿を見ると
 
 
講師をして良かったと
とても嬉しい気持ちになりました。
 
 
人に与え続ける力
 
私は研修の講師をしただけで、
 
受講生とは名刺を交換したり、
 
研修時間以外に話したりする時間は
ありませんでした。
 
 
しかし、そんな中
 
彼女から届いたメール。
 
 
なぜ連絡先を知ってるんだろう?と
思って聞いてみると、
 
 
人事の人たちに連絡先を
 
聞いてメールを送ってくれたとのこと。
 
 
そこまでして感謝の気持ちを
伝えてくれた彼女の人柄に
 
胸が熱くなりました。
 
 
今回、連絡をくれたのは彼女一人。
 
 
彼女の
 
人に与え続ける力、
 
 
他の人が意外とできていないことを
さらっとできてしまう素晴らしさ
 
 
研修の講師として参加したつもりが、
 
 
逆に私が彼女から多くのことを
 
学ばせてもらいました。