読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心が豊かで、笑顔あふれる社会をつくる♡

心が満たされていない他人軸の状態から、「自分の取り扱い説明書(自分軸)」を作り、前向きに一歩踏み出した経験や気づき

自分の取扱説明書を書くことの効果

こんばんは(*^^*)

青山ゆきなです✨
 
今日は、私が取り組んできたこと
 
『自分の取扱説明書を
書くことの効果』
 
について。
 
 

f:id:yukkykitaj:20160607211705j:plain

 
自分の取扱説明書って?
 
周りからどう思われるか?という
 
他人軸ではなく
 
自分がどうありたいか?という本音
 
 
(好きなこと、嫌いなこと、目標、夢、
感情など)を
 
過去、現在、未来の観点から
引き出し、
 
ノートにまとめて
 
自分軸を明確にしたものです。
 
 
書くことによって得られたこと
 
ノートに書き出すことにより、
 
抑えていた自分の本音と向き合うことができる。
 
 
そして、周りの考えに流されるのではなく
 
自分の判断軸を持って行動できるようになり
 
満たされた日々を送れるようになりました。
 
 
その中で変化が大きかったことが
 
『母との関係』でした。
 
私は幼少期からずっと母の顔色を伺って
生活していました。
 
 
母を悲しませないように
 
 
自分がどうしたいか?ではなく、
 
母が喜ぶこと、世間的に良いと言われている選択を
してきました。
 
 
なので、母のために◯◯しなきゃ!と勝手に
考えてしまい、
 
自分を追い込んでいました。
 
 
しかし、自分の取扱説明書を作り
 
母に本音を伝えるようになると
 
 
自然体で母と接することができるようになり
 
自分自身もすごくラクになりました。
 
 
母も私が本音を伝えてくれて嬉しいと
逆に喜んでくれています。
 
 
最後に
 
そもそもなぜ母の顔色を伺っていたのか?
 
自分の取扱説明書を書こうと思ったきっかけは?
 
また別の記事で書いていこうと思います。