読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心が豊かで、笑顔あふれる社会をつくる♡

心が満たされていない他人軸の状態から、「自分の取り扱い説明書(自分軸)」を作り、前向きに一歩踏み出した経験や気づき

過去の思い出や栄光にすがっていない?

こんばんは(*^^*)

青山ゆきなです✨
 
 
みなさんは過去に戻りたいと思いますか?
 
 
先日、友人とご飯に行った時に
ふと、この話題になりました。
 
 
f:id:yukkykitaj:20160708233349j:image
 
 
その時に友人が話していたことが
印象的でした。
 
 
ちなみに私は何と答えたか
 
 
過去に戻りたいか?という問いに対しての
私の答えは
 
「高校生に1日だけ戻って
カッコイイ男子と甘酸っぱい時を
過ごしたい」
 
 
高校生の頃、自分に自信がなく
教室の隅にいるようなタイプだったので(笑)
 
 
カッコイイ男子と話す、一緒に
ご飯を食べたりするなどということに
憧れを抱いていました。
 
 
マンガ「君に届け」のような
爽やかな男子に(笑)
 
 
正直、過去にやり残したことも
あるので戻れるなら
 
戻ってみたいなと思っていたのが
私の本音です。
 
 
友人はどう答えたのか?
 
友人の答えは
 
「過去ももちろん楽しかったけど
 
今を最高だと思える生き方をするには
どうすればいいのか?にフォーカスして
 
行動している。
 
 
だから、今がとにかく楽しいし、
 
 
今の行動が未来に繋がっていくから
未来もワクワクする。
 
 
だから過去に戻りたいと考えることが
ないんだよね。」
 
友人の話を聞いて感じました。
 
今を大切に、そして未来に繋がる
行動をきちんとしていたら、
 
過去の思い出や栄光にすがることなく
日々を大切にできるのだろうと。
 
日々の思考や行動を改めて見直そうと
感じた出来事でした。